前へ
次へ

離婚問題の早期解決を叶える

離婚問題はこじれてしまうと長期化をする可能性があります。
話し合いを行ってその上で合意を得ることができなければ、調停を行うことになります。
その際に相手が事実無根のことを話す可能性もあります。
何が真実なのか第三者には分からないということがあるので、まずは証拠をしっかりと押さえて、その上で誰が見ても原因を作ったのがどちらかなのか分かるようにしておくとよいでしょう。
こじれる場合に多いのが不貞行為です。
不貞行為はパートナーを裏切る行為なのでどうしてもパートナー以外の人と関係を持ちたいのであれば、離婚が成立してからにするべきです。
不貞行為によって離婚問題が生じた場合には、慰謝料請求が行われることも多いです。
ですから経済的なこともしっかりと把握をして、どれくらいの金額であれば慰謝料として受け取ることができるのか、ということも計算しておくとよいかもしれません。
離婚に関する相談を受けている法律の窓口を利用するのもよいでしょう。

Page Top